捨てられる熱を再利用する排熱利用

排熱利用とは捨てられる熱からエネルギーを回収するというものです。
この排熱利用のメリットとしては本来は捨てられる熱からエネルギーを取り出すことでありエネルギー効率を高めることができるほか、これによってCO2の排出削減につなげることができます。
一方で排熱利用で注意しなければならないのが排熱利用によってエネルギー効率が悪くなるケースがあることです。

以前は低温から熱エネルギーを取り出す方法が限られていましたが、現代では高機能な媒体を利用したり静的に熱エネルギーを電気エネルギーに変える半導体も登場しており、以前と比べてエネルギーを回収するのに必要なエネルギーの消費量は少なくなっています。

排熱利用に興味ある方、必見です。

排熱利用を行うさいには排熱の種類におうじて利用を考えることが重要です。


例えば高温の温泉の場合には利用するためには温度を下げる必要がありますが、このさいに熱を取り出して発電することが可能です。

また工場排熱でも温度を下げた上で排出することが求められますが、このさいも電気エネルギーを取り出すことができますし、また有機廃棄物を処分するさいにも発熱が起こりますが、ここから電気エネルギーを回収することもできます。



電気エネルギーに変える方法としては大規模なものであれば低沸点媒体を使うことで比較的低い温度帯でもタービンを増さすことができ、これによって発電することができますし、小規模なものであれば半導体を使った方法で電気を作ることができます。