ヒートポンプの仕組みとメリットとは

ヒートポンプとは、熱を移動させるための機構のことを指します。

一般的に熱は温度が高い所から低い所に移動する性質があります。
これに対してヒートポンプの機構を利用すれば冷たい空気から集めた熱を集めて暖かい室内に移動させたり、逆に温度が低い場所から熱を運び出すことで冷却をすることができます。

低温部分から高温部分にエネルギーを移動させるために、冷媒用のガスを電動ポンプで循環させることで吸放熱のサイクルを連続的に行う方法が一般的です。

快適な暮らしを実現するためのヒートポンプについて詳しく知りたいならこのサイトです。

この仕組みは、エアコンや冷蔵庫などに応用されています。



最近は冷媒用のガスを循環させる方法以外にも、電流を流すと熱を移動させることができる特殊な半導体を利用した冷蔵庫も実用化されています。

ヒートポンプの最大のメリットは、少ない電気エネルギーで暖房や給湯などができることです。
暖房や給湯をするために電熱線を利用したりガスや灯油などの燃料を燃焼させる方法がありますが、いずれも発生させる熱に応じた量の電気や燃料を必要とします。



これに対してヒートポンプを利用すれば熱を発生させるのではなくて集めて移動させるだけなので、少ないエネルギーで空気を暖めたり給湯をすることができます。

ヒートポンプ式のエアコンを使用して低温の外気から熱を集めて室内の暖房に利用すれば、赤外線やセラミックヒーターなどを利用するよりも1/3程度の電力で済みます。


そのため、省エネや二酸化炭素の削減をすることができます。