日常で広く利用されている熱交換器

熱交換器とは、液体や気体、蒸発、凝縮という過程を経て2つの流体の間で熱エネルギーを交換したい時に使用される機器です。

媒体の流れは、対向流式、並流式、直交流式の3つのタイプが主流です。
原理としては温度の高い物から低い物に熱を移動させることで加熱や冷却をすることができるということです。


この機器は日常の生活環境においてもよく目にすることができます。


熱交換器という名称はあまり使用されていないのですが、ボイラーや水冷、空冷あるいはラジエータと呼ばれている物が熱交換器に当たるのです。

産業用に使われている熱交換器はボイラーです。

熱交換器の情報を確認できるサイトです。

ボイラーは蒸気を発生させることで加熱を行います。



原子力発電所において原子炉の熱で蒸気を発生させて蒸気タービンを駆動するシステムとなっています。食品製造や化学薬品製造においては、冷却を目的とした機器が主に使用されています。例えば冷蔵冷凍冷蔵庫において冷凍機があります。



船舶や車両に用いられているのはインタークーラーやオイルクーラーなどになります。熱交換器にはその利用や管理に法的な規制が設けられています。
それは、機器を適切に管理して運用することで熱の利用効率や回収率をあげる目的があるからです。


また内部圧力の極端に高くなる機器も存在するので事故を未然に防ぐといった目的からもボイラー及び圧力容器安全規則というものが設けられています。


高圧のガスを利用するものは高圧ガス保安法が定められています。